沿革

平成26年9月 広島県教育委員会・広島市教育委員会が「新しいタイプの高等学校整備に係る基本構想」を発表
平成27年1月 広島県と広島市が基本協定書を締結
平成28年4月 広島市教育委員会指導第二課に「新しいタイプの高校準備係」を設置
平成29年2月 校名決定(広島市立広島みらい創生高等学校となる)
平成29年4月 広島市立広島みらい創生高等学校を設置
        設置者 広島市
        広島県・広島市による共同整備
        初代校長 開(ひらき)英治 就任