Q&A

広島市立広島みらい創生高等学校Q&A

広島市立広島みらい創生高等学校についてのよくある質問と回答のページです。
質問をクリックすると回答が開きます。

学校全般

(1) 広島みらい創生高等学校と全日制の課程の高等学校との違いや魅力について教えてください。

 全日制の課程の高等学校は、登校時間や学習時間帯等が決まっていますが、本校は平日登校コース(定時制の課程)では、午前、午後、夜間の幅広い時間帯の中から授業を選択したり、通信教育コース(通信制の課程)では、日・火・木からスクーリング日を選択するなど、全日制の課程の高等学校に比べて、自分のライフスタイルに合わせて学習をすすめることができます。
 自分のペースで学習したい生徒、仕事やアルバイトとの両立を図りたい生徒、スポーツや芸術活動、インターンシップなど学校外の活動に取り組みたい生徒などに適しています。


(2) 単位制高等学校とはどのような高等学校ですか。

 単位制高等学校は、学年による教育課程の区分を設けず、決められた単位(本校では74単位以上)を修得すれば卒業が認められる高等学校です。
 単位制高等学校の特色としては、自分の学習計画に基づいて、自分の興味、関心等に応じた科目を選択し学習できることと、学年の区分がなく、自分のペースで学習に取り組むことができることなどが挙げられます。


(3) 「総合学科」とは何ですか。

 総合学科は、普通教育を主とする学科である「普通科」、専門教育を主とする学科である「専門学科」に並ぶものとして、平成6年度から導入されたもので、本校ではキャリアデザイン科とよんでいます。
 総合学科で行われる教育の特色としては、幅広い選択科目の中から生徒が自分で科目を選択し学ぶことが可能であり、生徒の個性を生かした主体的な学習を重視することや、将来の職業選択を視野に入れた自己の進路への自覚を深めさせる学習を重視することなどができます。


(4) 広島市立広島みらい創生高等学校での「定通併修」とは、どのような仕組なのでしょうか。

 本校では、平日登校コース(定時制の課程)と通信教育コース(通信制の課程)を併置しており、生徒は、どちらの課程の教科・科目を履修しても単位を修得することができます。
 ただし、原則は、平日登校コースの生徒は平日登校コースの授業を、通信教育コースの生徒は通信教育コースのスクーリングを受けることになります。そのため、定通併修には一定の条件があります。


教育内容

(1) 学び直し科目にはどのようなものがありますか。

 「ステップアップ国語」「ステップアップ数学」「ステップアップ英語」です。
 高等学校の国語総合・数学Ⅰ・コミュニケーション英語Ⅰの学習を始める前に、義務教育段階での学習内容の確実な定着を希望する生徒は、学び直し科目を受講し、自分のペースで無理なく学習することもできます。学び直し科目は、入学年度のみ履修することができます。


(2) どのような資格の取得を目指すことができますか。

 工業では第二種電気工事士、商業では日商簿記2級、福祉では介護職員初任者研修の資格の取得を目指すための科目を設けています。
 資格取得のためには、授業への出席、家庭学習など、自分自身の「努力」が前提となることを理解した上で、受講してください。


(3) 通信教育コース(通信制の課程)での学習を希望していますが、スクーリングのない日でも学校に来て、レポートについて質問することができますか。

 可能です。事前に教科担当者の先生と日時を約束して、登校してください。


(4) 定時制の課程から通信制の課程(又は通信制の課程から定時制の課程)へ籍を変更することはできますか。

 定員に空きがある場合は、転籍試験を実施します。


学校生活

(1) 学級(クラス)がないそうですが、相談する先生はいますか。

 本校では学級担任の代わりにチューターの教員がおり、それぞれの生徒の履修指導や教育相談、進路指導などを個別に行い、生徒の学習をサポートします。
 また、スクールカウンセラーなどを配置し、しっかりサポートしていきます。


(2) 広島みらい創生高等学校には制服や体操服、靴などは指定されたものがありますか。

 学校生活「校則について」をご覧ください。


(3) 自転車通学は可能ですか。

 学校生活「校則について」をご覧ください。


(4) アルバイトはしてもいいですか。

 学校生活「校則について」をご覧ください。


(5) 携帯電話・スマートフォンの校内への持ち込みはできますか。

 持ち込みは可能ですが、校内での使用は原則できません。


(6) 上履きは必要ですか。

 必要ありません。本校は一足制ですので、校舎内でも外履きで過ごすことができます。ただし、一部の教室や施設では、履物の指定をしていますので、ルールを守って生活してください。


部活動

(1) 部活動の時間はいつですか。

 部活動は授業時間帯ではない時間帯に実施しています。具体的には、昼間の授業の6時限目又は7時限目の終了後から、夜間の授業がはじまるまでの時間帯です。
 本校は、平日は午前、午後、夜間の幅広い時間帯に授業を行うため、部活動の時間は、全日制の高等学校等と比べると限られます。


(2) 部活動の全国大会などには出場できますか。

 定時制・通信制高等学校の県大会があり、それに勝ち抜くことで全国大会に出場することができます。平成30年度は陸上競技部とソフトテニス部が全国大会へ出場しています。


入学情報

(1) 入学者選抜はどのように行われるのですか。

 入学情報「入学者選抜」をご覧ください。


(2) 入学願書などの書類はどうすれば入手できますか。

 出身中学校、本校又は広島市教育委員会で入手することができます。


(3) 「平成31年度広島県公立高等学校入学者選抜実施要項」や「平成31年度広島市立広島みらい創生高等学校入学者選抜実施要項」はどうすれば入手できますか。

 「平成31年度広島県公立高等学校入学者選抜実施要項」は広島県教育委員会のホームページに掲載されています。
 本校の入学者選抜実施要項は、入学情報に掲載中です。


(4) 入学者選抜料・入学料・授業料・受講料はいくらですか。

 入学情報「学費」をご覧ください。


(5) 入学者選抜料の納付はどうすればいいですか。

 出身中学校、本校又は広島市教育委員会で広島市教育委員会指定の納付書を入手し、指定の金融機関等に納付してください。その後、領収印のある納付証明書を入学者選抜願に貼付してください。


(6) 選抜(Ⅰ)の一括募集とはどういうことでしょうか。

 それぞれのコースにおける定員は設けず、受検者全体の中で合格者を決めるということです。


(7) 中学校を卒業していても、選抜(Ⅰ)に出願することができますか。

 就職している事業所長、又は出身中学校長の推薦を受けて出願することができます。


(8) 事業所長とはどのような人を指す言葉ですか。

 就職又はアルバイト等をしている事業所の中の責任者のことを指します。社長が事業所内にいる場合は社長、チェーン店や支社に勤めている場合はその店舗の店長や支社長などが該当します。


(9) 入学願書等において、課程名はどのように記入すればよいですか。

 「志願課程等」の欄については、「フレキシブル」に○をつけてください。「志願学科・コース」の欄については、定時制の課程を志望する場合は「キャリアデザイン科平日登校コース」と記入してください。通信制の課程を志望する場合は「キャリアデザイン科通信教育コース」と記入してください。詳細は記入例をご覧ください。


(10) 選抜(Ⅱ)において志願変更をするときに、第2志望だけの追加や削除をすることはできますか。

 第1志望を変更することなく第2志望だけの追加や削除をすることはできません。


(11) 20歳以上であれば、選抜(Ⅱ)で一般学力検査に代えて、作文及び面接による受検をすることができると聞きました。具体的にはどのようにするのですか。

 平成31年4月1日現在で満20歳以上の人で、一般学力検査に代えて作文及び面接による受検を希望する人は、入学願書に「作文及び面接による受検願」(様式第17号)を添付して提出すると、一般学力検査に代えて、作文及び面接による受検をすることができます。もちろん、「作文及び面接による受検願」を提出せず一般学力検査で受検することもできます。


(12) 選抜(Ⅱ)、(Ⅲ)における第2志望での合格者はどのように決定するのですか。

 それぞれのコースにおいて第1志望での合格者を決定した後、欠員のあるコースにおいて第2志望による合格者を決定していきます。
 第2志望を記入している人が第1志望で不合格になった場合のみ、第2志望のコースでの合否判定を行うことになります。


(13) 中学校卒業後5年を超える場合の出願手続や結果の通知はどのようにするのでしょうか。

 出願手続については、出身中学校等で必要書類を入手し、各自で本校事務室に直接持参により提出することとなります。
 選抜の結果は、選抜(Ⅰ)については、本校事務室で結果をお渡しします。通知日に本校へお越しください。
 選抜(Ⅱ)(Ⅲ)については、本校の掲示板及びホームページ上で発表します。
 繰り上げ合格などの連絡に関しては直接電話をしますので、出願時に電話番号をお尋ねします。


(14) 選抜(Ⅱ)の一般学力検査の結果は選抜(Ⅲ)の合否に影響しますか。

 本校は選抜(Ⅲ)の合格者の決定において、選抜(Ⅱ)の一般学力検査の結果を利用しないため、影響はありません。


(15) 選抜(Ⅱ)を受けていなくても選抜(Ⅲ)を受けることができますか。

 本校は選抜(Ⅱ)を受けていなくても選抜(Ⅲ)を受けることができます。


(16) 選抜(Ⅱ)において、第2志望のコースで合格した後、入学を辞退した場合、学力検査の結果及び調査書の評定に係る簡易開示はできますか。

 簡易開示は不合格者にのみ認められておりますので、第2志望で合格している場合は開示請求の対象となりません。


(17) 他の高等学校の選抜(Ⅲ)と併願する場合、他校の合格者発表日よりも前に入学者選抜料を納付してもいいですか。

 入学者選抜料を事前に納付していただいても構いませんが、納付後は、他校に合格し、本校の受検資格を失った場合においても、入学者選抜料を返金することはできません。十分にご注意ください。


(18) 他の高等学校の選抜(Ⅲ)の合格発表後に、「入学者選抜願及び受検票」を出す場合の手続きはどうすればよいですか。

 中学校卒業後5年以下の場合は、出身中学校の指示に従い、中学校へ提出してください。
 中学校卒業後5年を超える場合は、入学者選抜料を指定の金融機関等に納付し、領収印のある納付証明書を入学者選抜願に貼付の上、受検票とともに他校の合格者発表から3月26日(火)正午までに本校へ持参してください。なお、入学願書及び卒業証明書については、3月19日(火)から3月20日(水)正午までに提出しておく必要があります。入学者選抜料の納付には、広島市教育委員会指定の納付書が必要です。納付書は、出身中学校、本校、又は広島市教育委員会で入手することができます。


(19) 自己申告書はどのような場合に提出するのですか。

 選抜(Ⅱ)において、欠席日数が多い場合(年間30日以上又は3年間で90日以上)や、すでに中学校を卒業しているなどの場合に提出することができます。


(20) 受検において特別措置を受けるには、どのようにしたらよいでしょうか。

 出身中学校の担任の先生に相談してください。出願時には特別措置願を提出する必要があります。


(21) 帰国生徒等の特別入学に関する選抜はありますか。

 本校は実施しません。


(22) 試験会場や合格者発表等に自転車や車で行ってもいいですか。

 本校には、来校者のための駐輪場及び駐車場はありません。公共交通機関等でお越しください。