学校生活

広島市立広島みらい創生高等学校の特徴

教育方針イメージ

 

単位制の学校
本校は、学年制ではなく、単位制の高校となります。
単位制の高等学校は、学年による教育課程の区分を設けず、決められた単位数を修得すれば卒業が認められる高等学校です。
修業年限
修業年限は3年以上です。
卒業に必要な単位数
卒業までに74単位(必履修教科・科目等を含む)以上を修得することが必要です。
単位数とは、各教科・科目及び総合的な学習の時間について、その目標と内容に応じた学習時間量を表したもので、標準としては1単位時間を50分とし、35単位時間行われた授業を1単位として計算しています。
例えば、週に2単位時間ある科目は2単位、週に4単位時間ある科目は4単位となります。
チューター制度
本校は、生徒を学級(クラス)単位に編成しない高校として考えておりますので、どの教科・科目を履修すべきかについては、学級担任の役割を担うチューターが生徒の相談に応じ、履修指導を行います。
定通併修制度を積極的に活用
本校では、従来の定時制の課程(平日登校コース)・通信制の課程(通信教育コース)の枠組みに捉われず、生徒の希望によって、平日登校コースの生徒は、通信教育コースの各教科・科目を通信教育によって修得することができ、また通信教育コースの生徒は、平日登校コースの各教科・科目を授業によって修得することが可能になります。

具体的には、入学する課程が定時制・通信制のいずれかにかかわらず、入学後は、定時制・通信制の授業を相互に自由に選択でき、この制度を活用すれば、卒業に必要な74単位を2年間で修得することも可能となり、残りの1年間は在籍するだけで、海外への留学や、スポーツ、長期のインターンシップを行うなど、自らの夢へのチャレンジに専念することもできます。

ただし、教室数などの関係で、各科目に収容人数の制約があります。そのため、収容人数に空きが無い場合、その科目を「定通併修制度」で履修することができない場合もあります。
2学期制(前期・後期制)
前期: 4月~9月
後期:10月~3月
9月卒業や10月入学にも対応しています。
学習時間帯

入学時に昼間の学習時間帯を選択した生徒は卒業するまで昼間の学習時間帯で、夜間の学習時間帯を選択した生徒は卒業するまで夜間の学習時間帯で学習していくのが基本ですが、変更することもできます。
平日登校コース 定期考査時間帯
  
平日登校コースの定期考査は、普段の授業とは異なる時間帯で行われます。     

校則について

服装
指定の制服や通学靴はありません。学びの場にふさわしい服装を心がけてください。
また、入学式や卒業式等の儀式的行事には、儀式にふさわしい服装で出席してください。
なお、体育時におけるけがや事故の未然防止の観点から、体操服と体育館シューズは指定します。
通学方法
原則として、徒歩または公共交通機関で通学してください。駐輪スペースに限りがあるため、所定の手続きを行い、許可を得た人のみ、自転車通学をすることができます。 なお、自動車やバイク(原動機付自転車を含む)による通学はできません。

<自転車通学許可の条件>
  • 学校から自宅又は勤務地までの直線距離が概ね1.2km以上である(予定)。
  • 通学に使用する自転車が次の条件を満たしている。
    • ブレーキ、ライト、ベルの性能が良好である。
    • 2ヵ所以上施錠している(ツーロック)。
    • 防犯登録を行っている。
    • 対物、対人の自転車事故に備えた自転車保険に加入している。
アルバイト等
働きながら学ぶことができます。学業とのバランスを考えつつ、上手く勤務計画を立てましょう。

 


学校行事

目標イメージ

 

  • 入学式・始業式
  • 生徒総会
  • 校外清掃活動
  • 体育祭
  • 文化祭
  • 防災訓練  など

 


部活動

  体育系 文化系
陸上競技部 演劇部
バスケットボール部 放送部
バレーボール部 文芸部
ソフトテニス部 ESS部
卓球部  
バドミントン部  
軟式野球部  
野外活動部  

部活動紹介

部活動成績