学校名、課程・学科名、校章

学校名、課程・学科名
1 学校名
「広島市立広島みらい創生高等学校」
【校名策定の理由】
校名の「広島みらい創生」には、定時制課程と通信制課程との併修や、午前・午後・夜間の幅広い授業時間帯の中からの授業選択など、これまでの枠組みに捉われない新たな取組を「広島」から全国に発信していくにあたり、「広島」を入れるとともに、本校の生徒一人一人が、教職員と共に、自らの「みらい」を主体的に創り出していくという意味を込めた。

2 課程名
〇 フレキシブル課程 平日登校コース(定時制の課程)
〇 フレキシブル課程 通信教育コース(通信制の課程)

定時制課程と通信制課程の枠組みに捉われない課程

3 学科名
キャリアデザイン科(総合学科)

生徒が自己の在り方・生き方を考察し、生徒自らの進路等に応じて適切な教科・科目の選択が可能な学科
校章

 「創生」の文字を中心にすえ、その周りに広がる葉とその下に流れる穏やかな波により、本校の生徒一人一人が、自分自身や地域のために、夢や希望、目標を持って主体的に行動し、新しい流れを生み出していってほしいという願いを表しています。
 葉が、「発信」「広がり」「躍動」を表現し、波は「穏やかさ」「豊かさ」「しなやかさ」を表し、校章としての親しみやすさ、優しさや温もり、やわらかさをデザインに生かしています。
 また、葉の形は広島県の県の木である「モミジ」のイメージを、波は広島市内を流れる美しい川と、瀬戸内海の穏やかで豊かな波をデザイン化したもので、本校が広島県と広島市の共同整備により誕生したことを象徴したものです。